研究者・企業の皆様


イノベーションを目指した取り組み

アストラゼネカでは患者さん、医療従事者、社会医療課題の解決を目指したイノベーション活動を展開しております。Drug(医薬品)、Digital(デジタル技術)、Device(デバイス)、Diagnosis(診断技術)の4つの技術分野に焦点を当て、新技術・シーズの探索およびパートナーシップを推進しております。

i2.JP

Innovation Infusion Japan (i2.JP)は、2020年11月に立ち上げられたオープンイノベーションネットワークです。参画パートナーおよび他のエコシステムとのコラボレーションを促進することで、患者中心主義、医療従事者への貢献、新技術・ソリューションの育成、医療システム課題の解決を共に目指しております。

オープン・イノベーション・プラットフォーム

オープン・イノベーション・プラットフォームは、研究者が自由にアクセスでき、また、アストラゼネカと協業可能な研究テーマや、研究計画に必要な各種情報が掲載されているため、研究者はこのウェブサイトを通じて、さまざまな協業の提案を行うことができます。


研究支援活動(医師主導臨床研究等)

アストラゼネカでは、科学の発展および優れた医薬品の開発につながる研究支援のため、すべての国を対象にOpen InnovationとESR(Externally Sponsored Research)の2種類の研究支援プログラムを展開しています。プログラムの詳細は下記の各ページをご覧ください。

Externally Sponsored Research

アストラゼネカは自社製品および自社関連の治療分野に関する科学的に重要な疑問を解決するような革新的な研究に対し、ESR(Externally Sponsored Research)プログラムを通じて積極的に支援します。

Preclinical Toolbox

アストラゼネカ化合物を提供して、疾患の解明や新しい治療法の開発を目指した非臨床研究を支援します。