働きがいのある職場

人材育成

アストラゼネカが今後も成長を続けていくために根幹をなすのは「人材育成」の取り組みです。アストラゼネカでは、各社員の能力を伸ばし、今後必要となるスキルやリーダーシップを育成する機会を提供しています。


アストラゼネカの人材育成は、仕事に役立つ経験のルール(70:20:10ルール)に基づき、業務経験による育成に重点を置いた取り組みを行っています。

※ 70:20:10ルール
米ロミンガー社が提唱した、人材育成に効果のある学習の70%は自分の仕事経験から、20%は他者の観察やアドバイスから、10%は研修や本を読んだりすることから得られるというもの。

 

取り組みの全体像

1. IDP:
すべての社員はIndividual Development Planと呼ばれる個人能力開発計画を作成し、IDPによって特定した育成ニーズにもとづき、実務を中心とした能力開発機会を利用することで、社員一人ひとりがみずからの能力を適切に伸ばすことをめざしています。

2. リーダーシップコンピテンシー:
リーダーに期待する定義を統一し、体系的なフィードバックと育成の機会を提供しています。

3. 360度評価:
リーダ-シップコンピテンシーにそって、事実ベースのフィードバックにより、自己認識・育成の材料にしています。

4. 部門別専門研修:
営業のセールスアカデミーや、マーケティングアカデミーなど、各部門が部門のニーズに合った育成機会を提供しています。

5. 選抜型研修:
ダイヤモンドプログラム、エグゼクティブプログラムなど、将来のリーダーの特定・育成を促進するプログラムを実施しています。

ダイバーシティ

アストラゼネカではダイバーシティをビジネス基盤のひとつと捉えています。多様な社員がともに働くことで組織の活力と生産性が高まるという考えのもと、柔軟な働き方をサポートする制度や取り組みを実施しています。

≪主なサポート制度・取り組み

・出産育児支援休暇   ・フレックスタイム制度
・再雇用制度   ・Happy Life Friday(金曜日は16時に帰宅することを奨励)
・短時間勤務制度   ・育児補助手当
・在宅勤務制度   ・ママキャリアガイドブック
・地域申請制度   ・ウィメンズ・リーダーシップ・イニシアチブ  

※ 内勤または外勤のみ適用となる制度があります。

ウィメンズ・リーダーシップ・イニシアチブ

女性のリーダーシップ促進プログラム
有志の男女が毎月グループごとに集まり、テーマごとにディスカッションを実施。

ママキャリアガイドブック

育休・産休からスムーズな復帰を支援するガイドブック
利用できる制度や復帰に向けてのTo Doなどのコンテンツを紹介。


イノベーション

アストラゼネカでは、社員が自らの創意と才能を担当業務に限定することなく発揮できる環境づくりを目指し、自社の戦略を推し進めるアイディアを社員から広く募集するInnovation Award(イノベーションアワード)を実施しています。


≪Innovation Awardの取り組み≫

アストラゼネカでは、全社員を対象に、アストラゼネカの3つの戦略「サイエンスリーダーシップの実現」、「成長の加速」、「働きがいのある職場の実現」を促進するアイディアを募集し、2015年は290件ものアイディアが寄せられました。


営業部門の業務効率および業務知識習得の向上や、社内協業を活性化するアイディアが入賞し、入賞アイディアを応募した社員は、「Game Changer Award」、「Great Ideas Award」、「Good ideas Award」受賞者として表彰されました。現在、入賞アイディアを実現するプロジェクトが進行しています。


2015年Innovation Award表彰式の様子


患者さんの人生を変えるという当社のミッションに向かい、ともに邁進できる仲間をお待ちしています。