Young Health Program

―グローバルでの医療アクセスの取り組み


Young Health Programとは

アストラゼネカのYoung Health Programは、Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health およびPlan Internationalとの協力により開発された、非感染性疾患(NCD)に対する予防プログラムです。その目的は、大人になってからの健康状態を改善するため、青少年の不健康な行動を減らすこと。そして、NCDにより増大する保健医療システムの負担への対処を支援することです。このプログラムは2010年にスタートし、2019年の時点で世界18の地域で活動しています。

私たちは2020年までの目標を早期に達成したため、2025年までに500万人の青少年を対象とする新たな目標を設定しました。また、2025年までプログラムを継続するために3,500万ドルを拠出し、ユニセフとの協業を打ち出して当プログラムにおける新たな取り組みに着手しました。