サステナビリティ


アストラゼネカのサステナビリティ

アストラゼネカは「医療へのアクセス」「環境保全」「倫理と透明性」の3つの分野を優先事項とし、医薬品、投資および提携を通じてアストラゼネカが関わる患者さん、社員、環境および地域社会の健康に資する活動に取り組みます。

この3つの分野は、国連が策定する持続可能な開発目標(SDGs)に則しており、この3つに注力することにより、最大のインパクトをもたらします。

サステナビリティ活動を展開する上で、その土台となるのは誠実、尊重および透明性に代表される健全な企業文化です。

政府やNPOと連携して、日本国民の健康を改善する

・ヤングヘルスプログラム
・その他の活動

疾患発症予防や治療アウトカムの改善に資する環境的要因を理解して、管理する

・アンビション・ゼロカーボン
・その他の活動

全ての事業活動や取引関係において、倫理的な活動と誠実さを追求する

・高い倫理基準とWellbeing(心身の健康)に関する活動


グローバルでの2019年の活動ハイライト

81,000+ 人

アストラゼネカの研修プログラムに参加した医療従事者数

 

1,600万+ 人

アストラゼネカのヘルスケアアクセスプログラムに参加した人数


 

7箇所

新興国市場におけるヘルスイノベーションハブの数

 

62%

アストラゼネカの電気消費量のうち、再生可能エネルギーを使用した割合

 

CDP A リスト

国際的な環境非営利団体であるCDPにより、「気候変動」および「水質保全」に関する活動と開示で4年連続、最高水準のAリスト企業に指定
 

1550万ドル

アストラゼネカの環境効率化プロジェクト投資額

 

45.4%

中間管理職以上の女性社員の割合



86%

アストラゼネカが「働きがいのある職場」と考える社員の割合


 

63.3件

コマーシャル部門に従事する社員1,000人当たりの倫理規定違反件数

 

アストラゼネカグローバルのサステナビリティの詳細はこちら