アストラゼネカ ケンブリッジ大学と合同で新たな博士課程学生および臨床研究者向け奨学プログラムを発表

本資料はアストラゼネカ英国本社が2015年6月30日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。


アストラゼネカは6月30日、ケンブリッジ大学とともに、トランスレーショナルサイエンスや基礎研究および臨床研究を対象に、今後5年間にわたって、80件超の博士課程学生への奨学金および8件の臨床講師職を支援する3つの新たな合同プログラムを発表しました。本プログラムは、アストラゼネカの英国の科学基盤に対する長期的なコミットメントであり、世界に通用する次世代の科学者を育成するというアストラゼネカとケンブリッジ大学の共通の目的を反映するものです。

3つの合同プログラム案は以下の通りです。

  • アストラゼネカは年間最低9件の奨学金を拠出します。化学、生化学および薬理学の学部に配分し、期間はそれぞれ4年間としています。また、アストラゼネカは年間最多で2名の自社の社員を、これらの学部所属の博士課程学生として登録することができます。
  • アストラゼネカのグローバルバイオ医薬品研究開発部門であるメディミューンと、ケンブリッジ大学臨床医学部および生命科学部が共同で博士プログラムを設立し、臨床およびトランスレーショナルリサーチの両方に焦点を当てて、年間最大6件の奨学金を支援します。学生は、ケンブリッジ大学とケンブリッジにあるメディミューンの 研究所それぞれにおいて同等の時間を研究に費やします。
  • アストラゼネカとメディミューンは同大学の新たな“実験医学イニシアチブ”のもと、今後4年間、年1件の博士課程奨学金および2件の学術臨床講師職に資金援助をします。それぞれの支援は最大4年間実施され、アストラゼネカまたはメディミューンへ就職できる可能性があります。

これら3つのプログラム案はすべて今秋より開始します。学生はケンブリッジ大学により選出され、学術的な指導教官として大学側からと、産業的な指導教官としてアストラゼネカあるいはメディミューンから支援を受けることで、基礎科学研究が現実の医薬品創製・開発における課題に緊密に結びついて実施されることを担保します。同大学とアストラゼネカおよびメディミューンの上級代表者で構成する合同運営委員会により本プログラムを監督します。

アストラゼネカの研究・早期開発担当エグゼクティブバイスプレジデントであるMene Pangalosは次のように述べました。「英国がライフサイエンスの最先端にあり続けるために、傑出した基礎研究を結び付け、患者さんのために新薬を生み出すトランスレーショナルリサーチを理解する次世代科学者の育成に継続的に投資することが必要です。これらの新たな奨学金は、若手のトランスレーショナル科学者を育成する素晴らしい方法であり、研究者が共にサイエンスの限界に挑戦するオープンかつ協力的な研究環境の創造を目指す、アストラゼネカとケンブリッジ大学の共通の取り組みを強化するものです」。

ケンブリッジ大学の副学長・教授であるLeszek Borysiewicz卿は次のように述べました。「この新たな博士課程を対象にしたプログラム案は、アストラゼネカと当大学のパートナーシップを更に強化し、世界の最高峰と競合し続けるケンブリッジ科学者の中核となる人材の育成を支援します。新たなスキームの下で、ケンブリッジ大の学生は学界と産業を横断する科学的知識を深めるユニークな機会が与えられます」。
 

ケンブリッジ大学について
ケンブリッジ大学の使命は国際的に最高水準の優れた教育、学習および研究の探求を通じて社会に貢献することです。現在までに、同大学でノーベル賞を受賞している付属施設は90に上ります。1209年に創設された同大学は、学部生を受け入れ少人数指導制を取る自律的な31のカレッジと、150の学部、教授陣、施設で構成されています。ケンブリッジはグローバルな大学で、1万9,000名の学生のうち3,700名は120カ国からの留学生です。ケンブリッジの研究者は世界中の研究者と協働し、アジアおよびアメリカにおいて大規模パートナーシップを確立しました。本大学の拠点は、世界最大の技術クラスターの中心にあります。「ケンブリッジ・フェノメノン(Cambridge Phenomenon)」は、1,500社のハイテク企業を創出し、うち12社は資産10億ドル超、2社は100億ドル超と評価されています。

メディミューンについて
メディミューンはアストラゼネカのグローバルバイオ医薬品研究開発部門です。メディミューンは、革新的な研究を先駆的に進めており、呼吸器、炎症、自己免疫疾患、心血管および代謝性疾患、がん、ニューロサイエンスならびに感染症、ワクチン等の注力疾患領域において新規治療経路の検討に取り組んでいます。メディミューンの本社は、アストラゼネカの3つのグローバル研究開発拠点の一つとして、米国メリーランド州ゲイザースバーグにあります。詳細はhttps://www.medimmune.com/をご覧ください。

アストラゼネカについて
アストラゼネカは、イノベーション志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主に循環器、代謝、呼吸器、炎症、自己免疫、オンコロジー、感染症およびニューロサイエンスの領域において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細についてはhttp://www.astrazeneca.comをご覧ください。