アストラゼネカミシガン大学と共同で慢性腎臓病治療の向上の研究開始

本資料はアストラゼネカ英国本社が2015年6月17日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。


アストラゼネカは6月17日、アメリカ・ミシガン州のミシガン大学と2年間にわたる共同研究を実施し、慢性腎臓病(以下、CKD)の理解を深め治療の向上を目指すことを発表しました。本共同研究では、患者さんの臓器細胞組織の使用と前臨床モデルの検証に焦点を当て、CKD治療の新たなターゲットを同定するという非常に困難な領域に取り組みます。

CKDとは、腎臓が障害により効果的な血液ろ過ができず、血液中の老廃物が体内に蓄積してしまい、結果、心血管系疾患、心筋梗塞あるいは脳卒中などの健康障害を発症しうる状態のことを指します。多くの患者さんは最終的に末期腎臓病に進行し、血液透析や腎移植が必要になります。

本提携契約の下、スウェーデン・ムンダールにあるアストラゼネカの研究所の科学者は、ミシガン大学の内科学・コンピューター医学・バイオインフォマティックス Matthias Kretzler教授が率いる研究者チームと協働し、下記の研究を行います。

  • CKD進行を予測する生物学的標的および経路を同定するための、患者さんからの生検データベースの調査
  • ヒトの病態をより良く反映する動物モデルの作製
  • 患者検体を用いたCKD進行および治療奏効に関連するバイオマーカーの同定

アストラゼネカの研究・早期開発部門循環器・代謝疾患領域統括責任者のMarcus Schindlerは次のように述べました。「現在の糖尿病合併症治療のアプローチでは、患者さんは多くの場合高価な治療が必要となり、またしばしば治療選択肢が限定されるため、アンメットメディカルニーズが非常に大きいと考えられます。本共同研究を通じて、当社はCKDの臨床治療において適正な治療標的を追究しているというエビデンスをさらに構築していきます」。

糖尿病は現在CKDの最大の原因です1。Kretzler教授は次のように述べました。「本共同研究は、医薬品が期待される効果に向けて正確に作用するための特定標的を明らかにするという大学の基礎研究と、アストラゼネカによって開発された薬品化合物を組み合わせることによって、将来的に有望な医薬品開発につながるという見通しに基づくものです。我々は、サイエンスに重きを置いて、何百万人もの人々の腎臓に糖尿病が与える損傷を治療する新たなアプローチを検討します」。

1.Palmer S. et al (2015) Comparative efficacy and safety of blood pressure-lowering agents in adults with diabetes and kidney disease: a network meta-analysis. The Lancet. 385, 9982; 2047–2056. 

ミシガン大学について
ミシガン大学ヘルスシステム(UMHS)は、医学教育、患者ケアおよび研究を通じて医療の未来を創造します。UMHSは、3つの病院および40の外来患者施設を含む26,000超の学部、スタッフ、研修生、ボランティアから構成される地域団体です。ミシガン大学医学部は一貫して全米および全世界の研究大学の上位にランクされています。米国最大規模の研究予算を持つミシガン大学は、多くの疾病の解明、診断、治療、管理、予防の新たな方法を見出します。

アストラゼネカについて
アストラゼネカは、イノベーション志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主に循環器、代謝、呼吸器、炎症、自己免疫、オンコロジー、感染症およびニューロサイエンスの領域において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細についてはhttp://www.astrazeneca.comをご覧ください。