アストラゼネカのメディミューンOMNIS PHARMACEUTICALS社とがん免疫療法の腫瘍溶解性ウイルスに関するライセンス契約を締結

本資料はアストラゼネカ英国本社が2015年1月12日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。


アストラゼネカは、同社のグローバルバイオ医薬品研究開発部門であるメディミューンが、腫瘍溶解性ウイルスの開発に特化する非上場バイオテク企業であるOmnis Pharmaceuticals社(以下、Omnis)とライセンス契約を提携したことを1月12日に発表しました。本契約によりメディミューンは、同部門が開発中の免疫療法ポートフォリオの主な薬剤と、Omnisが開発中の遺伝子組み換え系水泡性口内炎ウイルス(VSV)である腫瘍溶解性ウイルスのプログラムを併用することが可能になります。本プログラムは現在第Ⅰ相臨床試験段階にあり、肝細胞がんおよびその他肝臓転移がんの単剤治療薬として検討されています。

腫瘍溶解性ウイルスは、殺傷性ウイルスで腫瘍細胞を標的とするよう設計されています。水泡性口内炎ウイルスは自然発生ウイルスの1種で、選択的に腫瘍細胞に感染し、健康細胞を損傷することなく腫瘍細胞を破壊するよう遺伝子を組み替えることが可能なウイルスです。これら腫瘍溶解性ウイルスは、がん治療における強力な新しい手段となりうるウイルスで、メディミューンが現在開発中のさまざまな免疫療法剤と相乗効果を示す可能性があります。

本契約のもと、メディミューンはOmnisのリード腫瘍溶解性ウイルスプログラムの開発権および成功した場合に商業化する権利を有します。メディミューンの免疫療法化合物との併用試験を迅速に進めるため、ウイルスの臨床開発を加速化します。

メディミューンの研究開発担当シニアバイスプレジデント兼オンコロジー領域研究・早期開発部門の責任者であるDr. Edward Bradleyは次のように述べました。「腫瘍溶解性ウイルスは、強力な腫瘍細胞殺傷効果と免疫系への腫瘍細胞の可視性を向上させる効果を併せ持つウイルスです。メディミューンの免疫療法化合物によって抗がん作用が増強され、将来的にこれらウイルスの腫瘍殺傷能力は高まるでしょう」。

Omnis Pharmaceuticals社の最高経営責任者であるStephen J. Russellは次のように述べました。「メディミューンのがん細胞を攻撃する免疫系の能力を強化する免疫療法剤のポートフォリオは、当社の水泡性口内炎ウイルスプログラムとの有益な相乗効果を生み出すことを当社は信じています。当社は通常相反するウイルスと免疫系の膨大な『インテリジェンス』を利用し、巧妙な敵である腫瘍と戦います」。
 
 

Omnis Pharmaceuticalsについて
Omnis Pharmaceuticals 社は、がん患者さんが必要とするウイルスに基づいた画期的な治療法の提供に専念する臨床段階のバイオテクノロジー企業です。Omnisのリードプログラムは、正常細胞を損傷することなく選択的にがんを破壊するよう戦略的に遺伝子を組み替えた水泡性口内炎ウイルス(VSV)プラットフォームを採用しています。Omnis の本社は米国ミネソタ州ロチェスターにあります。詳細についてはhttp://www.omnispharma.com/をご覧ください。

メディミューンについて
メディミューンはアストラゼネカのグローバルバイオ医薬品研究開発部門です。メディミューンは、革新的な研究を先駆的に進めており、呼吸器、炎症、自己免疫疾患、心血管および代謝性疾患、がん、ニューロサイエンスならびに感染症、ワクチン等の注力疾患領域において新規治療経路の検討に取り組んでいます。メディミューンの本社は、アストラゼネカの3つのグローバル研究開発拠点の一つとして、米国メリーランド州ゲイザースバーグにあります。詳細はhttps://www.medimmune.com/をご覧ください。

アストラゼネカについて
アストラゼネカは、イノベーション志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主に循環器、代謝、呼吸器、炎症、自己免疫、オンコロジー、感染症およびニューロサイエンスの領域において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細についてはhttp://www.astrazeneca.comをご覧ください。