アストラゼネカ、PHARMACYCLICS社、ヤンセン血液がんにおけるイブルチニブのがん免疫治療の併用試験で提携

本資料はアストラゼネカ英国本社が2014年11月4日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。


アストラゼネカ、Pharmacyclics社、およびヤンセン・リサーチ&ディベロップメント社(以下、ヤンセン)は、Pharmacyclics社とヤンセンが共同開発し、米国以外でヤンセンの関連会社が商業化した経口ブルトン型 チロシンキナーゼ阻害剤であるイブルチニブ(海外での製品名:IMBRUVICA®)との併用における、アストラゼネカが開発中のMEDI4736(抗PD-L1免疫チェックポイント阻害剤)の有効性および安全性を評価する臨床試験において提携する契約を締結したことを11月4日、発表しました。本試験は、両化合物で開発中の適応である、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫および濾胞性リンパ腫を含む血液がんにおける併用の治療薬として評価を行います。

MEDI4736は、免疫システムによる探知を腫瘍が回避するためのシグナルを阻害し、腫瘍が免疫回避することを無効にします。イブルチニブは、腫瘍化Bリンパ球(抗体を生成する白血球)に対し制御不能な増殖および転移を指令するシグナルを阻害します。前臨床でのエビデンスにより、これら2剤を併用することで抗腫瘍免疫反応の増強につながる可能性が示唆されています。

本試験の第I相ではMEDI4736とイブルチニブ併用療法の推奨用量レジメンを確立し、第IIa相では、この開発中の併用療法による安全性と有効性を評価します。今回の契約により、この2段階の試験はPharmacyclics社により実施されます。本契約の財務条件は開示していません。

アストラゼネカのグローバル医薬品開発担当エグゼクティブバイスプレジデント兼チーフメディカルオフィサーであるBriggs Morrisonは、「我々は、当社の強固ながん免疫治療のパイプラインを可能な限り迅速に前進させることに注力しています。治療にもかかわらず多くのリンパ腫患者さんに病勢進行が未だ見られるように、大きなアンメットニーズが存在する領域である血液がんにおいて、Pharmacyclics社およびヤンセンとのパートナーシップは、抗PD-L1の可能性の探求をサポートします。またこれにより、併用療法はがん治療の最も効果的な方法のひとつである可能性を有するという当社の信念のさらなるエビデンスとなります」と述べました。

「当社がすでに豊富な経験をもち、現在も科学的関心を持ち続けるさまざまな血液がんに対応する、イブルチニブとがん免疫治療との併用の可能性を探求するにあたり、アストラゼネカと戦略的提携を締結したことを非常に喜ばしく思います」と、Pharmacyclics社の会長兼最高経営責任者(CEO)であるBob Dugganは述べました。「当社は、継続的に治療パラダイムを進化させ、B細胞悪性腫瘍患者さんの治療選択肢を拡大するため、異なるアプローチへの理解を深めるように、パートナー両社と協働することを楽しみにしています。」

「抗がん剤の開発は、現在、歴史上最もエキサイティングかつ生産的な時期のひとつにあります」と、ヤンセンのグローバルオンコロジーの責任者であるPeter Lebowitz医学博士は述べました。「この提携は、血液がんに罹患した人々の生活に変化をもたらすという究極の目標をもち、新たな治療選択肢と併用療法に関するさらなる理解を深めるという3社の共通の目的を反映するものです。」

本プレスリリースの米国版もPR Newswire経由で配信されています。
 

イブルチニブについて
イブルチニブは、Cilag GmbH International(ヤンセンファーマシューティカルズカンパニーの1社)とPharmacyclics Switzerland GmbHにより共同開発されました。イブルチニブは、ヤンセンの関連会社が欧州、中東、アフリカおよび米国以外のその他の地域で販売しており、米国においては両社が共同販売しています。

イブルチニブは、ファーストインクラスの1日1回経口投与治療薬であり、ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)とよばれるタンパク質を阻害します。BTKはB細胞受容体を含む複合体において重要なシグナル伝達分子で、腫瘍化Bリンパ球の生存と転移において重要な役割を果たす複合体のシグナルを伝達します。イブルチニブは腫瘍化Bリンパ球に対し制御不能な増殖および転移を指令するシグナルを阻害します。

イブルチニブは、2014年10月に、成人の再発又は難治性のマントル細胞リンパ腫並びに少なくとも1回の前治療歴のある免疫化学療法が適さない慢性リンパ性白血病及び17p欠損またはTP53変異のある成人の慢性リンパ性白血病のファーストライン治療薬として欧州委員会から販売承認を取得しました。

イブルチニブは米国食品医薬品局(FDA)から3件の画期的治療薬指定を受けた唯一の化合物であり、当該指定を受けた最初の医薬品の一つです。

IMBRUVICA®はPharmacyclics, Inc.の登録商標です。

日本においてはイブルチニブは未承認です。

MEDI4736について
MEDI4736はプログラム細胞死リガンド1(PD-L1)を標的とする開発中のヒトモノクローナル抗体製剤です。PD-L1のシグナルは、がんの免疫システムによる探知を回避します。MEDI4736はこれらのシグナルを阻害することで、がんの免疫回避に対処します。MEDI4736は、他の免疫治療と並行して、患者さんの免疫システムを活性化しがんを攻撃することを目的として開発されています。

MEDI4736は単剤療法として固形がんを対象に開発中です。現在、非小細胞肺がん患者さんを対象に第III相開発段階にあり、頭頸部扁平上皮がん患者さんを対象とする臨床試験が2014年に開始される予定です。また、アストラゼネカとそのバイオ医薬品研究開発部門であるメディミューンは、MEDI4736 + tremelimumab(CTLA-4)、MEDI4736 + MEDI0680(PD-1)、MEDI4736 + MEDI6469(OX40)および MEDI4736 + イレッサ(上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害剤)を含む、実施中のがん免疫治療併用試験の広範なプログラムを有しています。

Pharmacyclicsについて
Pharmacyclics, Inc.(NASDAQ: PCYC)は、がんおよび免疫介在疾患の治療を目的とする革新的な低分子医薬品の開発及び商業化に特化するバイオ・医薬品企業であり、QOLの向上、生存期間の延長、および深刻なアンメットニーズの解消を目的とする新規治療薬を創製、開発および商業化する持続可能なバイオ・医薬品事業を構築することを使命としています。

Pharmacyclicsは、科学的開発と運営上の専門性に基づき有望な製品候補を同定・管理し、製品を迅速かつコスト効率的に開発し、商業化および/または適宜開発パートナーを追求することで、この使命を果たしていきます。

Pharmacyclicsはイブルチニブを販売しているほか、臨床開発段階に3つの製品候補、リード化
合物の最適化の段階に数個の前臨床化合物があり、これらのプログラムを商業化に向けて推進するにあたり高い基準の倫理・科学的厳格性、および業務効率にコミットしています。Pharmacyclicsの本社所在地はカリフォルニア州サニーベールです。詳細についてはwww.pharmacyclics.comをご覧ください。

ヤンセン・リサーチ&ディベロップメント社について
ヤンセンはがん、免疫疾患、精神・神経疾患(中枢神経・疼痛)、感染症・ワクチン、および代謝・循環器疾患における現代の最も重要なアンメットメディカルニーズの一部の対処・解決に専念しています。患者さんへのコミットメントを推進力とし、当社は世界中の患者さんを助ける革新的な製品、サービスおよび医療の解決法を開発します。ヤンセン・リサーチ&ディベロップメント社およびヤンセンバイオテック社はジョンソン・エンド・ジョンソンの医薬品部門であるヤンセンファーマシューティカルカンパニーズの一員です。詳細についてはwww.janssenrnd.comをご覧ください。

アストラゼネカについて
アストラゼネカは、イノベーション志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主に循環器、代謝、呼吸器、炎症、自己免疫、オンコロジー、感染症およびニューロサイエンスの領域において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細はhttp://www.astrazeneca.comをご覧ください。