メディミューン、DEFINIENS社買収によりがん免疫治療分野の能力を強化

本資料はアストラゼネカ英国本社が2014年11月4日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。


アストラゼネカは、自社のグローバルバイオ医薬品研究開発部門であるメディミューンが、腫瘍細胞におけるバイオマーカーの同定を飛躍的に改善するTissue Phenomics™で知られる、世界最先端の画像・データ解析技術において先駆的な非上場企業、Definiens社を買収する契約を締結したことを、11月4日に発表しました。

Definiens社独自のCognition Network Technology®は、1986年度ノーベル物理学賞の受賞者であるGerd Binning教授により開発されました。同技術は、その特性や部位、そして最も重要な点として、数多くの多様な要素が複雑に関わり合う腫瘍の微小環境における関係性を測定することにより、腫瘍細胞標本からの情報を解明するものです。

本契約により、メディミューンはDefiniens社の全株式を1億5,000万ドルの契約一時金により取得し、その後、契約に定める追加的なマイルストーン達成毎の支払いを行います。Definiens社は、当社以外の顧客との事業は継続します。

本買収により、メディミューンが注力する、がん免疫治療における新たな効果予測バイオマーカーの開発が強化されます。臨床試験の対象となる患者さんを選択するバイオマーカーを使用することで、臨床試験の期間を短縮し、奏効率を改善する可能性があると考えられています。その結果、現在約80%が個別化医療のアプローチであるアストラゼネカの低分子化合物およびバイオ医薬品のポートフォリオ全体において、本テクノロジーは有望な併用療法を進展させる上で重要な手段になります。

「メディミューンは、がん免疫治療における包括的なプログラムを有しており、特定の治療に奏効する可能性の高い患者さんを特定できることは、当社が新薬開発に成功するために非常に重要です」と、メディミューンのエグゼクティブバイスプレジデントであるBahija Jallalは述べました。「Definiens社の技術は、当社のがん免疫治療のアプローチを補完するものであると同時に、その高度で精緻な効果予測・予後のバイオマーカーの測定を介して、当社の臨床プログラムをさらに加速することができます。当社は、個人のニーズに適合する医薬品の服用という最善の機会を患者さんへ提供するため、Definiens社の科学者と協働することを楽しみにしています。」

さらに、アストラゼネカの革新的医薬品および早期開発担当エグゼクティブバイスプレジデントであるMene Pangalosは、「Definiens社は、当社が全社的に応用できる優れた技術をもたらすとともに、当社のがん免疫治療への取り組みを支援します。この画期的な技術を活用することにより、当社の低分子化合物およびバイオ医薬品のポートフォリオから最もメリットを受けるであろう患者さんの選択を可能にする、コンパニオン診断薬を開発するという当社のアプローチが強化されます」と述べました。

Definiens社の最高経営責任者であるThomas Heydlerは、「Definiens社のTissue Phenomicsアプローチは、ゲノミクスと患者さんの治療成果のギャップ解消に向けた大きなステップとなります。当社は、Tissue Phenomicsが、がん免疫治療における個別化医療にとって特に重要であることから、メディミューンのチームに参入することを楽しみにしています。組織の画像から情報を抽出するDefiniens社独自の能力により、臨床的治療成果と組織の情報を相関することで層別された患者さんの新規マーカーを見出すことが可能になります。メディミューンとDefiniens社が協働することで、患者さんに個別化治療をより迅速に提供することが可能になります」と述べました。

本買収提案は2014年第4四半期に完了する予定です。
 

Definiens社について
Definiens社は組織診断および臨床的デジタル病理学のための画像解析およびデータマイニングの提供においてトップクラスの企業です。Definiens社の技術は組織のスライドの標的構造からの細胞毎のリードアウトを提供し、当該情報と他のソースから派生するデータの相関を可能にし、新たな知識を創出し、研究、診断および治療におけるよりよい判断をサポートします。Definiens社のTissue Phenomicsアプローチは、Global Tissue Diagnostics and Pathology Imaging(グローバル組織診断法および病理画像法)に対し2013年度のFrost and Sullivan Company of the Year 賞を受賞しました。詳細はwww.definiens.comをご覧ください。

メディミューンについて
メディミューンはアストラゼネカのグローバルバイオ医薬品研究開発部門です。メディミューンは、革新的な研究を先駆的に進めており、呼吸器、炎症、自己免疫疾患、心血管および代謝性疾患、がん、ニューロサイエンスならびに感染症、ワクチン等の注力疾患領域において新規治療経路の検討に取り組んでいます。メディミューンの本社は、アストラゼネカの3つのグローバル研究開発拠点の一つとして、米国メリーランド州ゲイザースバーグにあります。詳細はwww.medimmune.comをご覧ください。

アストラゼネカについて
アストラゼネカは、イノベーション志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主に循環器、代謝、呼吸器、炎症、自己免疫、オンコロジー、感染症およびニューロサイエンスの領域において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細はhttp://www.astrazeneca.comをご覧ください。