疾患啓発活動:「チェンジ喘息!Voiceプロジェクト」9月29日(月)より開始 -「みんなの喘息川柳コンテスト」募集開始!!-

アステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)とアストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ガブリエル・ベルチ、以下「アストラゼネカ」)は、9月29日(月)より疾患啓発活動:「チェンジ喘息!Voiceプロジェクト」を開始します。併せて特設WEBサイトにて「みんなの喘息川柳コンテスト」を募集します。

喘息は慢性的な気道の炎症が原因で起こる疾患です。特に秋から冬にかけては気温の変化も大きく、風邪などが原因で、1年のうちでもっとも喘息の症状が悪化しやすく、喘息患者さんにはつらい季節です。喘息患者さんは、症状が悪化する前に何らかの予兆を感じ、悪化することに対する不安を抱えながら生活しており、その気持ちを医師や家族に上手に伝えきれず、適切な治療や対処法に結びついていないケースもあるようです。しかし、喘息患者さんが抱える不安などの気持ちを「声」にして医師に伝えることで、適切な対処法や治療法につなげられる可能性があります。
Voiceプロジェクト特設サイトTOP画面
そこでこの度、喘息患者さんの抱えるえるさまざまな声や想いを集め、それらを共有することで、喘息患者さん一人ひとりが医師に症状を相談しやすくなり、喘息患者さんのQOL向上の一助になることを目指すために「チェンジ喘息!Voiceプロジェクト」を開始します。その一環として、本プロジェクトの特設WEBサイトで「みんなの喘息川柳コンテスト」を実施します。

●喘息患者さんの声を集める「みんなの喘息川柳コンテスト」

みんなの喘息川柳コンテスト画面

「みんなの喘息川柳コンテスト」では、実際の喘息患者さんや周りに喘息患者さんをもつ方々から「喘息」にまつわる川柳を募集します。このコンテストでは、喘息患者さんの抱えるさまざまな声や想いを「川柳」という形で集め、喘息患者さんやその周りの人たちに共感してもらうことで、患者さんが医師に症状を相談しやすくなる環境ができることを願っています。喘息川柳は、思わず他の人が共感してしまうような喘息についての体験談などを5・7・5のリズムで自由に表現し、特設WEBサイトよりご投稿いただきます。
(URL: http://naruhodo-zensoku.com/voice-pj/senryu/

審査員として、足立 満先生(国際医療福祉大学 臨床医学研究センター 教授 / 山王病院 アレルギー内科)、乙葉さん(タレント)、安藤 紀楽さん(日本川柳協会東京事務所事務長)を迎え、厳正な審査の上、足立賞・乙葉賞・紀楽賞の3つの賞を決定します。
喘息川柳サンプル

アステラス製薬とアストラゼネカは「チェンジ喘息!Voiceプロジェクト」を通じて、患者さん一人ひとりが自分に合った喘息の治療法を続けられ、不安のない日々を過ごすことができるよう、貢献してまいります。

チェンジ喘息!Voiceプロジェクト
「みんなの喘息川柳コンテスト」概要


名称 みんなの喘息川柳コンテスト
川柳投稿期間 2014年9月29日(月)~  2014年12月1日(月)17時まで
川柳投稿方法 WEBサイト「チェンジ喘息!」内 特設サイト チェンジ喘息!Voiceプロジェクト「みんなの喘息川柳コンテスト」より投稿
 URL: http://naruhodo-zensoku.com/voice-pj/senryu/
対象者 喘息患者さんや周りに喘息患者さんがいらっしゃる方々
応募条件 ・投稿数に制限はございません
・当サイトの趣旨に反する川柳は公開されませんのでご了承ください。
・イニシャルの登録のみで個人情報の登録不要です。
主催 アステラス製薬株式会社、アストラゼネカ株式会社
審査員 足立 満先生(国際医療福祉大学 臨床医学研究センター 教授 / 山王病院 アレルギー内科)
乙葉さん(タレント)
安藤 紀楽氏(日本川柳協会東京事務所事務長)
結果発表日程 2015年1月上旬発表予定
発表方法 WEBサイト「チェンジ喘息!」内 特設サイト チェンジ喘息!Voiceプロジェクト「みんなの喘息川柳コンテスト」内にて2015年1月発表予定
足立賞・・・国際医療福祉大学 山王病院 アレルギー内科 教授 足立満先生が選ぶ作品賞
乙葉賞・・・乙葉さんが選ぶ作品賞
紀楽賞・・・日本川柳協会 東京事務所事務長 安藤紀楽さんが選ぶ作品賞

 

「みんなの喘息川柳コンテスト」に関する電話でのお問い合わせ先:
TEL 03-3244-3000(アステラス製薬株式会社)