喘息の患者さんを対象にした「チェンジ喘息!アプリ」提供開始

アステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:畑中 好彦、以下「アステラス製薬」)とアストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ガブリエル・ベルチ、以下「アストラゼネカ」)は、10月1日より喘息の患者さんを対象にした無料アプリ「チェンジ喘息!アプリ」の提供を開始いたします。

喘息は気道の慢性的な炎症が原因で起こる疾患です。この炎症を放置すると気道が敏感になり、わずかな刺激でも症状が起きてしまいます。特に10月、11月は気候の変化が激しく喘息症状が悪化しやすい時期でもあります。喘息は気候や環境の変動、風邪や花粉などによって症状が生じやすいため、自分に合った治療を続けることが大切です。

喘息の患者さんを対象にした「チェンジ喘息!アプリ」は、一人一人の患者さんの自分に合った治療法をサポートする目的で開発されました。同アプリの活用で、患者さんが日々の喘息症状の状態を把握でき医師とのコミュニケーションを円滑に図れるほか、患者さん同士で喘息状態や服薬状況を確認できます。

同アプリでは、ユーザーの入力した服薬状況や喘息の状態がグラフで表示されます。入力情報がグラフ化されることで、日々の症状の変化や治療状況が分かりやすく把握できます。また写真やイラストを選択してお好みのアバター*を作成することもできます。ソーシャルネットワーク機能「みんなの声」では、お好みのアバターでユーザー同士が自分の喘息状態や服薬状況を共有することができます。周囲の喘息患者さんの状態を確認できることで、治療に前向きに取り組んでいただけると考えています。

同アプリは10月1日よりGoogle Playからダウンロードいただけるほか、アステラスとアストラゼネカが運営する喘息の啓発サイト「チェンジ喘息!http://naruhodo-zensoku.com」からもダウンロードいただけます。同アプリの紹介パンフレットにはQRコードも記載していますので、そこからのダウンロードも可能です。また、10月上旬からはApp Storeからもダウンロードできる予定です。

アステラスとアストラゼネカは「チェンジ喘息!アプリ」が多くの方に活用されることで、一人一人の患者さんが自分に合った喘息の治療法を続けられることを期待しています。

 アプリ概要