アストラゼネカ、経営陣の変更を発表

本資料はアストラゼネカ英国本社が2013年1月15日に発信したプレスリリース(抜粋)を日本語に翻訳し、みなさまのご参考に供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。

アストラゼネカは経営陣の変更を本日発表しました。当社の経営陣であるシニアエグゼクティブチームは本日付で刷新されました。新経営陣には当社の科学における専門性、主要製品および主要市場を代表する新たなメンバーが加わりました。

これらの変更は下記の役職の新設を含みます。

  • 研究開発部門における低分子化合物の創薬・早期開発、バイオ医薬品の創薬・早期開発および後期開発を担う3つの役職
  • コマーシャル(営業・マーケティング)部門の地域を統括する3つの役職(北米、ヨーロッパ、インターナショナル)
  • 研究開発部門と営業組織を繋ぐグローバルポートフォリオおよび製品戦略を統括する役職

これらの変更を行った結果、マーティン・マッケイが担った研究開発担当プレジデントおよびトニー・ズークが担ったグローバルコマーシャル担当エグゼクティブバイスプレジデントの2つの役職は廃止されました。両氏は1月末に当社を退社する予定です。

シニアエグゼクティブチームのメンバーは下記の通りです。

表

グローバルポートフォリオ・製品戦略担当エグゼクティブバイスプレジデントは後日任命されます。

パスカル・ソリオCEOは「社内の有能なリーダーを登用した新シニアエグゼクティブチームの体制により、主要なパイプライン、製品および市場に経営の焦点を絞るとともに、意志決定のスピードを更に加速することが可能になります。」と述べました。

マーティン・マッケイとトニー・ズークについて、パスカル・ソリオは「アストラゼネカにおける両氏の貢献および模範的なリーダーシップに対し感謝します。今後の活躍を期待します。」と述べました。

アストラゼネカのシニアエグゼクティブチームの詳細(略歴等)はこちらでご覧ください。
www.astrazeneca.com/About-Us/Board-and-management