JR大阪駅で乳がん啓発イベント開催~知ろう、見よう、乳がんのこと。~


写真
アストラゼネカ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:ポール・ハドソン)は、10月13日(土)と14日(日)、乳がん死亡率の低下を目的に、乳がん検診受診を働きかけるオープン型イベントをJR大阪駅旧砂時計広場で開催します。

1997年から2007年の間に乳がんに罹る女性の数は32,858人から60,986人に増加し*、死亡率も2000年から2010年の間に9,171人から12,455人となっています*。一方、早期に発見できれば乳がんの5年生存率は97%と報告されています*
*1~3出典 国立がん研究センターがん対策情報センター

乳がんの発症リスクが高まる40歳以上の女性に検診受診を促すため、イベントでは次のような取り組みを行います。
>乳房モデルを使ったしこりタッチ
>乳がん検診受診可能施設の検索サポート
>医師や乳がん経験者からのメッセージビデオの放映

【イベント概要】
イベント名:知ろう、見よう、乳がんのこと。
開催日時:10月13日(土)、14日(日)11:00~19:00
開催場所:大阪ステーションシティ JR大阪駅サウスゲートビル1F「旧砂時計広場」

図