乳がん治療薬「フェソロデックス®筋注250mg」  新発売のお知らせ


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ポール・ハドソン)は、本日、乳がん治療薬「フェソロデックス®筋注250mg」(一般名:フルベストラント)を発売いたしましたので、お知らせいたします。

フェソロデックスは閉経後の再発乳がん、もしくは進行乳がん治療として、すでに1種類以上の他の内分泌療法が実施された乳がんを適応とする薬剤です。フェソロデックスは既存の内分泌療法剤とは異なる作用機序により、エストロゲン受容体に対するエストロゲンの結合阻害に加え、腫瘍内のエストロゲン受容体を減少(ダウンレギュレーション)させることでDNAの転写活性化を抑制し、腫瘍増殖を阻害します。この新しい作用機序は腫瘍の増大や転移を防ぐだけでなく、薬剤耐性を獲得しにくい可能性が期待されています。

閉経後進行・再発乳がんの治療においては化学療法も実施されますが、内分泌療法は比較的副作用が少ないため患者さんのQOLを維持しながら治療を続けることができます。現在、内分泌療法としてアロマターゼ阻害剤やタモキシフェンが標準治療として広く使用されていますが、内分泌療法の治療選択肢を増やし耐性を獲得しにくい薬剤の提供が待ち望まれています。

アストラゼネカはフェソロデックスをお届けすることで、閉経後進行・再発乳がんの患者さん、および医師に希望を与えることができると確信しております。

現在、フェソロデックスは世界70カ国以上で承認されており、日本の承認用量でもある500mgは50カ国以上で承認されています。

アストラゼネカについて
アストラゼネカは、イノベーション志向のバイオ医薬品も含むグローバル製薬企業であり、主に消化器、循環器、ニューロサイエンス、呼吸器・炎症、オンコロジー・感染症領域の医療用医薬品の創薬、開発およびマーケティング・営業活動に従事しています。アストラゼネカは100カ国以上で事業を展開しており、当社の革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細はこちらでご覧ください。www.astrazeneca.com
日本法人についてはこちらでご覧ください。www.astrazeneca.co.jp/

写真