イレッサ訴訟:本日の判決について


イレッサの副作用によって苦しみを受け、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。また、ご家族の皆様が受けられた悲しみは計り知れないものとお察し致します。

本日、アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ポール・ハドソン)は東京高等裁判所において、原審(東京地裁)で認められていたイレッサの有効性および有用性が、あらためて認められるとともに、間質性肺炎に関する注意喚起についても弊社には責任がないとの判決を受けました。

イレッサは進行非小細胞肺がんという致死的な疾患における有用な治療選択肢の一つです。弊社はイレッサ発売時および発売後を通して、医師に対しそのリスクおよび有用性について 適時・適切に情報提供を行ってまいりました。このたび、司法の場においてもこのことが認められました。

弊社は医師および進行非小細胞肺がん患者さん、とくに標準化学療法が奏効しなくなった患者さんに、イレッサという治療選択肢を提供してきたことに誇りを持っています。今後も弊社は適切な情報提供に努め、多くの進行非小細胞肺がん患者さんにイレッサの恩恵を享受していただけるよう邁進してまいります。