喘息情報サイト「ぜんそくタウン」をリニューアル


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長兼社長:加藤益弘)は、6月15日より、子どもの喘息に関する情報サイト「ぜんそくタウン」をリニューアルし、新機能を追加しましたのでお知らせします。

「ぜんそくタウン」は喘息の子どもを持つ保護者の方々などを対象に、乳幼児・小児喘息の病態・治療などの情報を分かりやすく提供するサイトで、2006年9月の「パルミコート吸入液®0.5mg、同0.25mg」(一般名:ブデソニド)の発売と同時に開設しました。

今回、トップページを全面リニューアルすると共に、子どもの喘息コントロール状態をチェックできる「ぜんそくコントロールテスト」と、喘息治療を行っている小児科施設を検索できる「医療機関検索」の機能を新たに追加しました。
「ぜんそくコントロールテスト」で子どもの喘息コントロールの状態を客観的に把握し医療機関の先生方に情報を伝えることで、小児喘息患者さんと保護者の方々が一緒になって寛解・治癒に向けた治療に取り組むことへの一助になることを期待しています。

【ぜんそくタウンTOPページ】
図

下記URLからご覧下さい。
http://www.astrazeneca.co.jp/yourhealth/zensoku-town/index.html

パルミコート吸入液は昨年11月から生後6ヵ月以上のすべての年齢で使用可能な吸入ステロイド薬となりました。今回の「ぜんそくタウン」のリニューアルに合わせて、医療関係者向けの総合ポータルサイト「MediChannel」(http://med.astrazeneca.co.jp/)において、パルミコート吸入液®の音声解説付き製品特性紹介スライドを追加しています。


図2

アストラゼネカ株式会社は、「ぜんそくタウン」や「MediChannel」などの情報提供サイトを通じて、喘息に関する情報を広く発信し同疾患の啓発にも寄与することを目指しています。