東北地方太平洋沖地震に対する アストラゼネカの救援活動支援についてのお知らせ


このたびの大災害でお亡くなりになった方々とご家族の皆様に謹んでお悔やみ申し上げるとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役会長兼社長:加藤益弘)は、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震および津波による被災者の救援活動および被災地の復興活動を支援するため、下記を行います。

  • 東北地方の復旧、復興への支援金として総額1億円を寄付致します。
  • 更に、被災地の復興を支援するため、当社の社員による募金とその同額を会社が上乗せし、金額を2倍にして寄付する“マッチング・ドネーション”を実施します。

「東北地方における予期せぬ大災害で被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。当社は被災地の復興のお役に立つよう、出来る限り有意義な支援をさせていただきたいと願っております。そのためには、緊急の復旧支援のみならず、被災地の復興に向けて長期的な支援をお約束いたします。」と加藤益弘会長兼社長は述べています。