成人気管支喘息治療薬「シムビコート®タービュヘイラー®」が 『2010年度グッドデザイン賞』を受賞


アステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:野木森 雅郁)とアストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役会長兼社長:加藤 益弘)は成人気管支喘息治療薬「シムビコート®タービュヘイラー®」が、この度、財団法人日本産業デザイン振興会主催の「2010年度グッドデザイン賞(Gマーク)」を受賞いたしましたのでお知らせします。

写真

今回は、『喘息患者さんが毎日服用する状況を観察、調査、研究し、患者さんの使い勝手を第一に考え、様々な箇所に工夫が施されており、幅広い年齢層の患者さんに適合したシンプルで優しいデザインである』と、患者さんの使用感の良さが高く評価され、受賞に至りました。

グッドデザイン賞とは
ロゴ
「グッドデザイン賞(Gマーク)」は、1957年に通商産業省によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1998年より財団法人日本産業デザイン振興会の主催事業として運営される、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。これまで50年以上にわたって新しい時代の文化と生活を創造することを目的に「より豊かなライフスタイル」と「良いビジネス」を導く運動として展開され、のべ受賞件数は35,000件以上にのぼり、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。また「グッドデザイン賞」受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。

シムビコート®タービュヘイラー®とは
シムビコート®タービュヘイラー®は、1日2回投与のドライパウダー吸入式の成人喘息治療薬です。1回吸入量として、吸入ステロイド剤であるブデソニド160μgと速効性・長時間作動型吸入β2刺激剤であるホルモテロールフマル酸塩水和物4.5μgを吸入器具(タービュヘイラー®)により吸入します。本剤は喘息発作・増悪を抑制することで長期にわたる優れた喘息コントロールを実現します。また、ホルモテロールの気管支拡張効果が速やかに発現することから、患者さんが治療効果を実感しやすく、アドヒアランス(治療継続)の向上が期待できます。