「あなたと、あなたの大切な人に伝えたい。」 アストラゼネカ、乳がん啓発イベントを大阪で10月に開催


アストラゼネカ(本社:大阪市北区、社長:加藤益弘)は、乳がん啓発月間である10月にあわせ、1カ月間、「あなたと、あなたの大切な人に伝えたい。」をテーマに、ピンクリボン窓文字、啓発イベント、検診イベント、ピンクリボンオブジェ展示の4つのイベントを大阪市内で開催します。
乳がんは年間4万人以上が罹患し1万人以上が死亡する疾病ですが、早期に発見できれば完治可能ながんでもあります。アストラゼネカはイベントを通じて乳がんの早期発見・診断・治療の重要性を訴え、乳がんや検診に関する正しい知識の浸透、セルフチェック方法の普及を目指します。


< 梅田北ヤードの夜景にピンク色のリボンが浮かぶ >
10月1日~11日18:00~24:00 梅田スカイビルタワーイースト

積水ハウス梅田オペレーション(株)と協力し、10月1日から11日までの11日間、梅田スカイビルタワーイーストの24階から32階の大阪駅に向かう窓を使って、乳がん早期発見・診断・治療のシンボルマークであるピンクリボンを窓に浮き上がらせます。点灯は18時から24時までの6時間。


< 乳がんを知る・さわる・伝える >
10月2日11:00~19:30 、3日11:00~19:00  梅田ビッグマン前広場

写真
10月最初の週末、2日と3日に阪急梅田ビッグマン前広場にオープン型のブースを設置します。触診体験コーナー(乳房モデルにさわることで“しこり”の体感、スタッフによるセルフチェック方法の詳細説明)、乳がん理解促進コーナー(パネル、映像による情報提供等)に加え、今年のテーマに基づき、メッセージ発信コーナーを設け、携帯電話のQRコードやはがきを用いて大切な人や知人にメッセージ発信が可能です。

また、募金コーナーでは、乳がんの早期発見につながる活動や、乳がんになった方への支援など様々な活動支援、広報活動に賛同いただいた方に大きなピンクリボンツリーのオブジェにリボンをつけていただき、その人数をカウントし、相応の寄付を「ほほえみ基金」(日本対がん協会)に行います。その他、下記マンモグラフィ検診の応募の受付や、アンケート調査を行います。


< マンモグラフィ検診OSAKA >
10月9日、10日 9:30~18:00  梅田スカイビルタワーイースト

今年3年目となる、(財)近畿健康管理センター、東芝メディカルシステムズ㈱と共催の、40歳以上の女性120名が対象のマンモグラフィ検診OSAKA(事前登録制)を10月9日と10日に実施します。本検診では、マンモグラフィ撮影のみならず、専門医によるレクチャーや視触診およびセルフチェックの個別指導など、見る・聞く・自分でやってみるなどの体験を通じて、乳がんから身を守る方法を会得していただくことを目的としています。 なお、本イベントはウエスティンホテル大阪、エスティ ローダー(株)、積水ハウス梅田オペレーション(株)、富士フイルムメディカル(株)の協力、大阪府の後援のもと実施されます。


< 乳がんを伝える >
10月4日~10月31日 梅田スカイビル空中庭園展望台

BIGMANイベントで使用したピンクリボンツリーのオブジェをイベント後10月いっぱい梅田スカイビル40Fの展望台に展示します。このオブジェの意味や乳がんの啓発活動についてパネルで説明し、本活動に賛同してくださる方にリボンをつけていただき、活動の輪を広げるのが目的です。