アストラゼネカ、プライマリーケア事業本部のMR全員に タッチパネル式PCを導入し、医師のニーズに的確に 対応する双方向ディテーリングを実現


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:加藤 益弘)はタッチパネル式ノートPCを活用したディテーリングシステムを本年6月にプライマリーケア事業本部のMR全員に導入しました。また、本システムの導入にあたり、各支店・分室のITインフラの整備への投資も行い、最新情報をタイムリーに更新できる基盤を確立しました。

本システムは、タッチパネル式PCの特性を活かし、医師とMRとの双方向のディスカッションをサポートします。最近話題のiPadでも可能な資料のページめくりや動画機能に加え、本システムではタブレットペンを使用して、動きのあるディテーリングスライドを次々と表示したり、医師のニーズに合わせてカスタマイズしたストーリーを作成したり、PC画面への直接書き込みも出来ます。また、動画やVTRなどのコンテンツを立ち上げ、必要な情報を的確に提供するなどインパクトのあるディテーリングを可能にします。

現在では、一方的なディテーリングから多様化する医師のニーズに対応できるフレキシブルなディテーリングスタイルが求められるようになってきています。本システムは、MRのディテーリングインパクトを高めるだけでなく、様々な医師のニーズに対応するディテーリングを可能にする画期的なシステムであると考えています。

当社は、医療や製品に関する質の高い情報を、さまざまなITテクノロジーを駆使することも含め医療従事者に対して効果的かつ効率的に提供することが、医薬品の適正使用を推進し、患者さんに貢献していく上で極めて重要であると考えています。提供する情報の質はもとより、情報提供の手法やコミュニケーションスタイルについても更なる改善を目指しており、今回の新システムの本格導入は、非常に有益であると確信しています。