共同開発契約締結のご案内 アストラゼネカ、ジョンソン・エンド・ジョンソンと 消化器内視鏡実施時コンピューター支援下個別鎮静システム(CAPS) 導入に向けて日本における共同開発契約を締結


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長 加藤 益弘)は、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカル カンパニー(以下、JJKK)と、消化器内視鏡検査及びポリープ切除術(以下、消化器内視鏡)実施時における鎮静システムの日本導入に向けて、このほど、共同開発契約を締結しました。この契約により、JJKKは開発中の新しいコンピューター支援下個別鎮静システム(以下、CAPS)の承認取得を、当社はすでに販売している全身麻酔・鎮静用剤「1%ディプリバン注」(一般名:プロポフォール)の消化器内視鏡実施時におけるCAPS使用下での鎮静での効能追加の承認取得を、目指す事になります。

本邦において胃がん、大腸がんの年間死亡者数は10万人におよび、がんによる全死亡者数の3分の1を占めます。これらのがんは早期に発見・治療することにより、より多くの患者さんの救命が可能になります。消化器内視鏡検査は、がんの早期発見に有益であるとされ、スクリーニング法として一般化しており、年間1,000万例以上の検査が行われています。最近では欧米と同様に、日本でも不安を和らげた苦痛の少ない消化器内視鏡に対する患者さんのニーズが高まりつつあります。しかしながら、 現在日本では消化器内視鏡実施時の鎮静の承認を取得している薬剤がなく、患者さんの不安や苦痛のより少ない、安全かつ速やかな回復が得られる鎮静法が求められています。

ディプリバンは全身麻酔・鎮静領域のリーディングブランドです。 一方、CAPSは、患者視点に立って開発された時代のニーズに合った製品であり、日本の患者さんにとって、さらに消化器内視鏡を受診しやすい環境の整備に役立つことが期待されます。当社は、今回の共同開発契約によって、ディプリバンの日本では未承認の消化器内視鏡においても、CAPS使用下での鎮静の効能追加の承認を取得し、患者さんにとってより安全な内視鏡の実施に貢献したいと考えています。

当社は、JJKKとの共同開発を通じ、関連学会と協力しながら質の高い医療の実現を目指していきます。

<参考資料>

ディプリバン(1%ディプリバン注)は、本邦において全身麻酔の導入及び維持、集中治療における人工呼吸中の鎮静の適応を持つ静脈投与の麻酔剤の標準薬ですが、体内からの消失が速やかなため、投与終了後の覚醒が早く、また、吐き気などの副作用が少ないという特長を持っています。これらの特長から欧米では消化器内視鏡実施時の鎮静剤として広く使用されています。日本では消化器内視鏡領域における鎮静剤としての適応の承認を取得していないため、CAPS使用下での鎮静の効能追加を取得することで、多くの患者さんや医療従事者の方々への治療の選択肢が増えることが期待されます。

CAPS(コンピューター支援下個別鎮静システム)は、ジョンソン・エンド・ジョンソンにより開発された医療機器で、コンピューター支援下で患者毎に薬剤の投与量を調節し、同時に生体モニタリング及び患者さんへの酸素供給を行う薬剤投与・管理システムです。米国で実施された1,000名規模の臨床試験データは本年5月1日~5日にニューオリンズで開催された米国消化器病週間(DDW)にて発表されました。