ウェブサイト「がんになっても」リニューアルと 新機能追加のお知らせ ~がん患者さんやご家族の‘希望とあたりまえの生活’を目指して~


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、社長:加藤益弘)は、3月26日(金)、がん患者さんやそのご家族に、上手ながんとの向きあい方を見つけていただくためのウェブサイト「がんになっても」(http://www.az-oncology.jp/)をリニューアルし、新機能を追加しましたのでお知らせします。

図
「がんになっても」は2005年12月の開設以来、がんと向きあう方々の様々な声、体験談、医療従事者とよりよいコミュニケーションを行なうヒント、がん医療用語、高額療養費など様々なコンテンツを紹介してきました。今回のリニューアルでは、数あるコンテンツの中からユーザーが必要とする、また役に立つと思われる情報を、より簡単に見つけられるようメニュー内容とレイアウトを変更しました。また自分と似た境遇の患者さんの体験談を簡単に閲覧できる検索機能を「皆さんからの体験談」に追加しました。

「皆さんからの体験談」検索機能追加の背景
がん患者さんやご家族から寄せられた体験談を掲載する「皆さんからの体験談」は本サイトで人気が高いコンテンツです。悩みや不安を抱えたとき、どのようにがんと向きあったか、自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談、メッセージが掲載されています。

これまで体験談はがん種別に掲載されていましたが、がん種を問わず同世代の人、あるいは同性の体験談を読みたいという要望が患者さんから寄せられていました。これをうけ、今回のリニューアルでは、がん種別に加え、年代別、性別、がんの状況別に絞りこみ検索が可能となりました。これにより、がん種を問わず、自分と似た境遇の患者さんの体験談が閲覧できるようになります。今後も、多くの患者さんが体験談を読むことで、がんと向きあうヒントにして頂ければと思います。

アストラゼネカは、がんになってもそれまで営んできた"あたりまえの生活"を患者さんが送れるような、がん治療環境の実現に貢献していきます。