乳幼児喘息情報ウェブサイト「ぜんそくタウン」 リニューアルのお知らせ


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:加藤益弘)は乳幼児喘息の情報を掲載したウェブサイト「ぜんそくタウン」をリニューアルしましたのでお知らせします。

本サイトは乳幼児喘息の病態・治療などの情報を患者さんの保護者の方々を中心に、一般の方々に提供するサイトです。当社が「パルミコート吸入液®0.5mg、同0.25mg」(一般名:ブデソニド)を発売した2006年9月に開設され、同製品の適正使用の為のページ「パルミコート吸入液をご利用の方へ」も掲載しています。今回、トップページを全面リニューアルし、メニューを整理しました。また、探している情報にすぐたどり着いていただけるよう、コンテンツが一目でわかるように工夫しました。例えば、「ぜんそくの治療について」のページには、喘息の治療のゴールを示し、どうしてお薬が必要なのか、どんな治療が必要なのかガイドラインに基づいた治療内容が解説されています。

【ぜんそくタウンTOPページ】
図下記URLからご覧下さい。
http://www.astrazeneca.co.jp/yourhealth/zensoku-town/index.html

パルミコート®吸入液は1回使用量がアンプルに充填された吸入用懸濁液であり、生後6ヶ月以上5歳未満の乳幼児喘息患者さんを対象とする、電動式ネブライザーで吸入できる日本で唯一のステロイド剤です。小児気管支喘息治療管理ガイドラインでも乳幼児に対して世界のスタンダードである吸入ステロイド剤が推奨されており、当社は本製品を提供することで、患者さんはもちろん保護者の皆さんにも心身ともに負担の少ない、安心感のある日常生活を享受していただきたいと願っています。また、本ウェブサイトを通じ、乳幼児喘息に関する情報を広く発信し、同疾患の啓発にも寄与することを目指しています。