Think About Smoking 2008 ~みんなで考えるタバコと肺がん~  アストラゼネカの禁煙啓発活動


アストラゼネカ(本社:大阪市北区、代表取締役社長:加藤益弘)では、肺がんに関する正しい知識と理解を促進するため市民公開講座を一年を通して適宜開催しております。11月は世界的に「肺がん啓発強化月間 -Lung Cancer Awareness Month-」とされていることから、これまで11月の市民公開講座では参加者に「肺がん啓発リストバンド:Lung Life Link」を配布し、肺がんと向き合う活動に賛同していただける方から署名を募り、署名数に応じた額を弊社より(財)日本対がん協会「健康を守る禁煙基金」に寄付するなどの活動を行ってまいりました。

図
禁煙啓発ポストカード

今年は、「Think About Smoking 2008 ~みんなで考えるタバコと肺がん~」をテーマに、一般の方に肺がんと喫煙リスクについて正しく理解していただけるよう「禁煙啓発ポストカード」を11月以降の市民公開講座で配布していきます。このポストカードには肺がんと喫煙リスクに関するメッセージ(「タバコを1本吸う間に世界では肺がんが原因で8人の大切な命が失われています」)と関連データが掲載されています。喫煙リスクを知ることで、自らの、あるいはご家族やご友人の喫煙習慣の見直しに役立てていただければと考え作成しました。

また、禁煙啓発ポストカード配布のほか、より多くの方に喫煙リスクについて知っていただけるよう、掲示の了承が得られた医療施設においては同様のメッセージが記載されたポスターを配布していく予定です。これらのメッセージをご覧になる一人でも多くの方に、喫煙習慣を見直すきっかけとしていただければ幸いです。

もっと肺がんについて知りたい方のために
弊社では、肺がんについて正しい知識を普及することを目的に、Lung(肺)、Life(命)、Link(輪)の3つのテーマを中心とした肺がんについて考えるウェブサイト「エルねっと」を開設、運営しております。肺がんに関する基本的な知識が得られる「肺がん基礎レクチャー」、症状で食事が摂りにくいときに役立つ「しんせつレシピ」等、様々なコンテンツを用意しています。

【エルねっと ウェブサイトアドレス】http://www.lnet.info/index.html