大阪大学 医療経済・経営学(アストラゼネカ)寄附講座 2008年度公開講座のお知らせ


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:加藤益弘)が、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として、昨年大阪大学大学院医学系研究科に寄附した「医療経済・経営講座」の公開講座が、昨年に引き続き、本年度も実施されますのでお知らせします。既に、100名を超える方々からの受講の申し込みがありました。

本寄附講座は、超高齢化社会における持続可能な医療サービスの実現に寄与するため、最先端の医学、工学、薬学、歯学、経済学、経営学等の様々な学問分野を網羅して、学際的に医療の研究を進めていくことを目的としています。本年度は、病院経営の問題に着目し、関連する諸テーマについて毎回講師を招き、問題点の整理と解決方法の検討を行います。本年10月から来年2月までのスケジュール、テーマ、担当講師等は下記をご覧下さい。

当社は、本講座を通じて、受講者への直接的な貢献のみならず、研究成果の発信により、医療界に貢献できるものと考えています。

  • 講座 医療経済・経営学(アストラゼネカ)寄附講座
  • 場所 大阪大学中之島センター10Fホール
  • 時間 午後6時から8時

表