乳がんアカデミー アドバンスクラスを追加


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、社長:加藤益弘)は、乳がんについて自分のペースで学んでいただけるインターネット乳がん学校『乳がんアカデミー』に、「フラワークラス」と「ハートクラス」を追加しました。

図
乳がんアカデミーは、啓発サイト『乳がん.jp』(http://www.nyugan.jp/)上で展開するバーチャルアカデミーです。今回開設した「フラワークラス」と「ハートクラス」、昨年11月22日に開講した「リボンクラス」で全3クラスとなりました。

入門編にあたる「リボンクラス」は、乳がんの基本情報と検診を扱い、乳がんとはどのような病気なのかを紹介します。新設の「フラワークラス」では、乳がんの治療にはどのような選択肢があるのか、また再発予防について学ぶことができます。「ハートクラス」では、乳がんのガイドラインなど、より専門性の高い情報を解説しています。

講座はイメージキャラクターの「もも子先生」が質問をし、閲覧者が選択肢の中から正しい答えを選ぶ質疑応答形式進められ、どのクラスからでも始めることができます。インターネットによる講座であることから、都合の良い時に自分のペースで学習を進められ、何度でも挑戦することが可能です。今後は当アカデミーを受講された方からの意見を伺いながら、各クラスの問題数を徐々に増やすなど内容の充実を図ります。

アストラゼネカは、今後も新薬、情報の提供を通じ、がん患者さんとそのご家族の‘希望とあたりまえの生活’の実現を目指し、がん医療に貢献していきます。