がん患者サイト「がんになっても」に、医療現場で用いられる「がん用語」解説を掲載


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、社長:加藤益弘)は、がんと向き合う全ての人に向けたサイト「がんになっても」(http://www.az-oncology.jp/)に、医療の現場で用いられるがん用語を解説するページを追加掲載しました。

図
このサイトはがんに関する単語をただ解説するだけでなく、面談の際、医療者に確認すべき内容や混同しやすい単語などを併記しているところが特徴です。
また、「より良い面談のためのワンポイント」コーナー(監修:国立がんセンター総長 垣添忠生先生)を設け、医療者と病気や治療について話し合い、共に治療をすすめる上でのポイントを紹介しています。

弊社が行った『がん患者さんと医療者のコミュニケーション』をテーマにした調査の結果、2人に1人が耳で聞いただけでは医療用語の意味を十分理解できないことが明らかになりました。本サイトは、医療現場で用語の意味がわからず困っている患者さんや、がんの知識を深めたい患者さんをサポートし、患者さんが主体となり、がんと向き合い、より良いがん医療を受けてもらえる環境づくりを応援します。

アストラゼネカは、今後も新薬、情報の提供を通じ、がん患者さんとそのご家族の‘希望とあたりまえの生活’の実現を目指し、がん医療に貢献していきます。