育児、介護等を理由とした退職者の再雇用制度導入について

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:加藤益弘)は2006年8月1日付けで、育児、介護等を理由とした退職者の再雇用制度を導入いたしましたのでお知らせいたします。


【制度の概要】
表

【制度導入の背景】

少子・高齢化、核家族化が進む中で、育児や家族の介護の問題は、仕事を継続する上で大きな問題となってきつつあり、弊社においても、退職を余儀なくされる社員が出てまいりました。これまで培ってきた実績、専門知識、スキルがこのような理由で途絶えてしまうのは社員本人のみならず会社にとっても大きな損失です。
そこで、経営理念のひとつである「人を中心とした経営」の一環として、育児、介護等の理由で一旦退職しても、就業可能となった時には再び会社に貢献していただけるための制度として、本制度を導入することを決定しました。
なお、本制度は、会社の様々な課題について検討するために部門横断的に組織されたプロジェクトチーム「J-Drive」からの提案を受けて、検討・導入が決定されたものです。