乳がん患者さんのためのホームページ 「乳がん.jp」開設

乳がんの最新情報をインターネットで。

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:加藤益弘)は、乳がんの情報をよりわかりやすくお伝えすることを目的としたホームページ「乳がん.jp」(http://www.nyugan.jp)を、母の日にあわせ5月7日に開設します。

このホームページは、乳がんについて分かりやすく確かな情報を、患者さんやそのご家族、また広く一般の皆様に知っていただくことを目的に作成されています。コンテンツには、乳がんの検診→手術→術後治療の流れや、乳がんの現状、基礎知識、用語集などの詳細情報が、乳がんの専門医監修のもとわかりやすく解説されています。また、「よくある質問」のコーナーでは、患者さんが安心して治療を受けられるよう、患者さんやご家族の方々が日常疑問に思っていることについて専門医による一般的な回答が閲覧できるようになる予定です。

乳がんは女性で最も頻度の高いがんであり、毎年約3万人の女性が乳がんにかかるといわれています。患者さんや患者さんを支える人たちが、乳がんについての正しい知識をもち、納得のいく医療を受けていただきたい。そして、乳がんを患っても、自分らしい変わらない毎日を過ごしていただきたい。そのような思いを込めて、「乳がん.jp」を開設しました。

がんになっても、希望とあたりまえの生活を。
アストラゼネカ オンコロジーチームは、新薬の開発、新しい治療法の普及、最新のがん治療情報の提供、医療関係者との協業作業を通じ、がんと向き合い考える全ての人たちを応援しつづけてゆきます。