改正薬事法に伴う組織変更ならびに人事について

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:加藤益弘)は2005年4月1日付けで、同日施行された改正薬事法に新たに制定された規制内容を適切に遵守するため、組織変更および人事を下記のとおり実施しましたのでお知らせいたします。

今回の変更により、医薬安全性に対する当社の取り組みの更なる強化ならびに安全性に関わる重要事項についての意思決定における独立性の向上が可能になります。

[組織変更]

  • 社長直轄の総括製造販売責任者を置く。
  • 研究開発本部長直属の安全管理責任者を置く。
  • 市販後、開発中双方の製品に対して新たに要求されている高い安全性監視基準を適用、実施する目的で、研究開発本部内の医薬安全性推進部を臨床統括部に統合する。

人事
表