ロスバスタチンが同クラスで薬効が最も優れていることを示す第III相比較臨床試験新データを発表

 脂質低下に与えるインパクトが大きいより多くの患者さんをコレステロールガイドライン治療目標値到達させる優れた忍容性<1,2,3>

第50回アメリカ心臓病学会(American College of Cardiology/ACC)年次学術セッション、2001年3月20日、米国フロリダ州オーランド: 本日ACCで、待望のアストラゼネカの新スタチン、ロスバスタチン(開発コードZD4522)の第III相比較臨床試験の結果が発表されました。このデータは、ロスバスタチンが現在使用されている他の3剤と比較して低比重リポ蛋白コレステロール(LDL-C、「悪玉」コレステロールとも言われる)低下作用においてより優れていることを示しています。また、広く処方されている他のスタチンよりロスバスタチンでより多くの患者さんが治療目標値に達することができました。<1,2,3>

アトルバスタチンとの比較臨床試験結果
1,000名以上の患者を含む臨床試験のうちの2つ試験のデータは、現在使用されているスタチンよりロスバスタチンの方がLDL-C(心臓病疾患の進展を判定する主要マーカー)を有意に低下させることを示しています。<1,2>これらのデータは、LDL-C低下率が、シンバスタチン(20mg)で37%、プラバスタチン(20mg)で28%であったのに対し、ロスバスタチン(10mg)では49%であったことを示しています。<2>アトルバスタチンとの比較試験では、LDL-Cの低下率はそれぞれ、ロスバスタチン(10mg)で43%、アトルバスタチン(10mg)で35%です。<1>

LDL-C低下に加えて、これらのデータは、ロスバスタチン 10mgが、高密度リポ蛋白(HDL-C 、「善玉」コレステロールとも言われる)をアトルバスタチンより増加させることを示しています(12%増 vs. 8%増)。また、シンバスタチンおよびプラバスタチンとの比較試験では両剤と同等の結果が得られています。<1,2>

より多くの患者さんがガイドライン治療目標値に到達
現在の研究は、治療を受けているかなりの数の患者さんがLDL-Cの治療目標値に到達していないことを示唆しています。<5>しかし、ロスバスタチンの試験は、個々のリスクカテゴリーにおいて、かなりの数の患者さんがLDL-C治療目標値に達していることを示しています。<1,2,3>ロスバスタチン5mgあるいは10mgとアトルバスタチン10mgの比較試験では、LDL-Cの治療目標値に到達している患者数は、アトルバスタチンよりロスバスタチンで約30%多いことを示しています<1>これらのデータは、ハイリスク患者1のLDL-C治療目標値(the National Cholesterol Education Program Expert Panel7に定義されている)の到達率が、アトルバスタチン10mgでは19%に過ぎなかったのに対し、ロスバスタチン 10mgでは47%であることを示しています。<1>

「これらの結果はきわめて重大である。というのも大半の患者が最も低用量のスタチンで開始しそのまま治療を続けるため、多くの患者さんが治療目標値に達することができないからである。従って、患者さんに最も有効なスタチンを投与するのは当然のことである」と、アトルバスタチンとの比較臨床試験について、Dr Michael Davidson(President of the Chicago Centre for Clinical Research, and Principal Investigator)は述べました。

ロスバスタチン5mgあるいは10mgとプラバスタチン20mgあるいはシンバスタチン20mgとの比較臨床試験においても同様の結果が見られました。ハイリスク患者に投与した時のLDL-C治療目標値の到達率は、プラバスタチン20mgで7%、シンバスタチン20mgで19%であったのに対し、ロスバスタチン10mgでは67%でした。<2>

「5mgであれ10mgであれ、ロスバスタチンを投与された患者さんのほとんどが国際ガイドラインの推奨用量より低い用量でLDL-C治療目標値に到達しました。このことは、冠動脈疾患の発症・再発予防に対する世界的な取り組みに非常に強力な武器となるだろう」と、Philip Barter(Professor of Cardiology at the Royal Adelaide Hospital, Australia)は述べました。

また、「スタチン製剤のLDL-C治療目標値への到達率は、医師およびヘルスケアシステム(医療保険制度)両者にとってますます重要な意義を持つようになってきている。ロスバスタチン5mgおよび10mgのLDL-C治療目標値の成績を示すデータは印象的である」とRichard Hobbs(Professor of Primary Care and General Practice at the University of Birmingham)は述べました。

治療が困難な患者さんにおける臨床効果
ヘテロ型家族性高コレステロール血症(HeFH)患者の臨床試験でも優れた効果を示しました。 ロスバスタチン(20/40/80 mg/day)とアトルバスタチン(20/40/80 mg/day)を増量投与比較試験結果は、ロスバスタチンがアトルバスタチンより有意にLDL-Cを低下させることを示しています。<3,4>

HeFHは、約500人に1人の割合で発症し、やがて重篤な高コレステロール血症となる遺伝疾患です。この疾患は 早発の冠動脈疾患を発症させ若年死を招くこともあります。ロスバスタチンの有効性を評価するために、この試験では18週間にわたり600名以上の患者を含むアトルバスタチンとの比較臨床試験を実施しました。

1日20mgから80mgまでの増量試験におけるLDL-C低下率は、アトルバスタチンで50%であるのに対し、ロスバスタチンは同じレジメンで58%です。さらに、ハイリスクと分類されたHeFH患者(NCEPガイドラインによる)のLDL-C治療目標値の到達率を比較すると、アトルバスタチンでは3%であるのに対し、ロスバスタチンでは24%です。これは、治療目標値に到達したハイリスク患者数がアトルバスタチンよりロスバスタチンで8倍も多いことを意味します。<3>

ロスバスタチンはまた、アトルバスタチンよりもHDL-Cを有意に増加させることも示しています。<3>
「この臨床試験は、治療の困難なきわめて高コレステロール値の患者さんにおいても、ロスバスタチンは既存の治療より多くの患者さんを治療目標ガイドラインに到達させることを示している。」と、Dr Evan Stein,(Principal Investigator and President Medical Research Laboratories, Kentucky, USA)は述べました。

 

Editor's Notes
The major findings of the studies were as follows:
  • Rosuvastatin 5 and 10mg both significantly reduce LDL-C more than atorvastatin 10mg, simvastatin 20mg or pravastatin 20mg1,2
  • Rosuvastatin 5 and 10mg both bring more patients to their target cholesterol levels(NCEP guidelines)than atorvastatin 10mg, simvastatin 20mg or pravastatin 20mg1,2
  •  Rosuvastatin 5 and 10mg are both significantly more effective at increasing HDL-C than atorvastatin 10mg, and similar to simvastatin 20mg and pravastatin 20mg1,2
  • Rosuvastatin 5 and 10mg both produce good reductions in triglycerides, as seen with atorvastatin 10mg, simvastatin 20mg and pravastatin 20mg1,2
  • These newly announced phase III studies confirm the results of the phase II dose ranging programme in which rosuvastatin demonstrated dose-dependent reductions in LDL-C of up to 65%6
  •  In patients with Heterozygous Familial Hypercholesterolemia(HeFH - an inherited disorder, resulting in severe hypercholesterolemia), rosuvastatin, force-titrated from 20mg to 80mg per day, is significantly more efficacious at reducing LDL-C and increasing HDL-C than the same regimen of atorvastatin.3
  • Rosuvastatin brings more of these difficult to treat HeFH patients to their target cholesterol levels than does atorvastatin(NCEP guidelines)3
  • These studies confirm that rosuvastatinis well tolerated and has a safety profile comparable to placebo at 5mg and 10mg, and at doses up to 80mg rosuvastatin has a safety profile comparable to atorvastatin 1,2,3

Impact of LDL-C and HDL-C on progression of atherosclerosis

  • LDL-C is the most significant contributory risk factor to atherosclerosis, a common cause of cardiovascular disease, the worldユs leading cause of death.8
  •  Low levels of HDL-C and elevated triglycerides have also been associated with progression of atherosclerosis and an increased risk of coronary heart disease(CHD). 9,10

About AstraZeneca
アストラゼネカは医療用(処方)医薬品の研究、開発、製造、マーケティングならびにヘルスケアサービスの提供などのヘルスケア事業を世界的に展開している大手医薬品メーカーです。150億ドルを超すヘルスケア事業の売上高をもち、世界の医薬品企業上位5社の1社であるアストラゼネカは消化器、がん、麻酔・疼痛管理、循環器、中枢神経系、呼吸器の領域に主要製品をもち、それぞれの領域でリーディングポジションを確立しています。研究志向型の企業として、アストラゼネは医療上のニーズの高い重要な領域において必要とされるさまざまな治療薬の開発に全力を尽くしています。詳細はインターネットでご覧ください。
URL:www.astrazeneca.com



References:

  1. Davidson M et al. ZD4522 is superior to atorvastatin in decreasing low density lipoprotein cholesterol and increasing high density lipoprotein cholesterol in patients with type IIa or IIb hypercholesterolemia. 50th Annual Scientific Session of the American College of Cardiology, March 2001.
  2. Paoletti R et al. ZD4522 is superior to pravastatin and simvastatin in reducing low-density lipoprotein cholesterol, enabling more hypercholesterolemic patients to achieve target low-density lipoprotein cholesterol guidelines. 50th Annual Scientific Session of the American College of Cardiology, March 2001.
  3. Stein E et al. ZD4522 is superior to atorvastatin in the treatment of patients with heterozygous familial hypercholesterolemia. 50th Annual Scientific Session of the American College of Cardiology, March 2001.
  4. Pearson TA et al(2000). The Lipid Treatment Assessment Project(L-TAP). Archives of Internal medicine. 2000; 160:459-467
  5. Giornale Della Arteriosclerosi. Significant reductions in LDL-C with a new HMG-CoA reductase inhibitor, ZD4522, in patients with hypercholesterolaemia ミ Olsson A et al. XIV Congresso Nazionale Della Societa Italiana Per Lo Studio Dell'Arteriosclerosi(S.I.S.A)Perugia 30 Nov - 2 Dec 2000. Vol 25 Numero unico 2000 P:107.
  6. Report of the National Cholesterol Education Program Expert Panel on Detection, Evaluation, and Treatment of High Blood Cholesterol in Adults. The Expert Panel. Archives of Internal Med 1988;148:36-69
  7. Murray CJL, Lopez AD. Mortality by cause for eight regions of the world: Global Burden of Disease Study. Lancet 1997;349:1269-1276.
  8. Wilson PW, Abbott RD, Castelli WP. High density lipoprotein cholesterol and mortality. The Framingham Heart Study. Arteriosclerosis 1988 Nov-Dec;8(6):737-41.
  9. Assmann G, Schulte H, Cullen P. New and classical risk factors - the Munster heart study(PROCAM). Eur J Med Res. 1997 Jun 16;2(6):237-42.

For further information please contact:
(These can be replaced by local contacts)Julia Cross, AstraZeneca
Tel: +44(0)1625 510866
Mobile: +44(0)7718 801984
Email: Julia.JA.Cross@astrazeneca.com
OR
Jane Curtin, +44(0)207 344 1335/Mandy Wyles, +44(0)207 344 1204 at Edelman Public Relations