アストラゼネカ、麻酔と鎮静のホームページ開設 領域で日本初、ドクターとMRの双方向コミュニケーションシステム導入

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、社長:マーティン・ライト)は、麻酔および鎮静関連領域における情報提供サービスの向上を目指し、当該専門医を対象とした専用のポータルサイト、AZAS.net(AstraZeneca for Anesthesia & Sedation net:アストラゼネカ麻酔と鎮静のホームページ)を2月1日に開設いたしました。

このホームページの特徴は、ドクターとアストラゼネカの担当者の双方向のコミュニケーションが可能であることです。お問い合わせ窓口のページ゙に、エリアごと(全国を10エリアに分割)の担当MRを掲載しています。また、ドクターはこのページからMRにメールで連絡をとることもできるようになっています。麻酔・鎮静領域において、インターネットによるこのようなシステムは日本で初めてです。

AZAS.netの主なコンテンツは次の通りです。

  • Information(更新のご案内および添付文書改訂などのお知らせ)
  •  Products&Library(製品情報をPDFファイルで掲載)
  • Journal Scan(最新の当社製品関連文献をリストアップ)
  • FAQ(弊社製品に関する過去のお問い合わせと回答の紹介)
  • Seminars&Symposia(関連学会に関する情報を掲載)
  •  Links(国内外の麻酔・鎮静関連サイトにリンク)
  • Contact Us(お問い合わせ窓口)