英国アストラゼネカ、歯科用局所麻酔薬ビジネスを売却

英国アストラゼネカは同社の歯科用局所麻酔薬ビジネスをデンツプライ インターナショナル インク(以下、デンツプライ)に売却することを決定したと1月19日発表しました。アストラゼネカの歯科用麻酔薬製品のブランドにはキシロカイン、シタネスト、ポロカイン/ カルボカイン(日本では歯科用としては未発売)があります。今回の総額1億3千6百50万ドルの契約によって、デンツプライは新製品ORAQIXに関するすべての権利をも取得しました。ORAQIXはスケーリングとルートプレーニング用の新しいデンタルジェルで、現在、臨床試験のフェーズ3の段階にあります(日本では未開発)。

アストラゼネカでは、製品ポートフォリオを包括的かつ戦略的に見直した結果 、歯科用麻酔薬については、歯科用製品の専門企業によって販売されるほうが本ビジネスの将来にとって良いと判断しました。デンツプライは歯科用市場で戦略的にビジネスを展開しており、アストラゼネカの歯科用局所麻酔薬製品のポテンシャルを最大限に引き出すことができる企業であると考えます。

歯科用局所麻酔薬はアストラゼネカの麻酔ビジネス全体の売上げの約7%(日本は19%)を占め、約255人の従業員を、主に製造部門で、雇用しています。また、今回の契約によりある一定期間アストラゼネカが受託製造を行います。