その他の活動


⻘少年を対象に、⾷⽣活や疾患に対する知識・習慣の改善を通じて、将来的な⽣活習慣病等の⾮感染症疾患(Non-Communicable Diseases)の罹患リスクを軽減する予防プログラムを実施。国際連合基⾦ユニセフと協業しながら世界18の地域で活動を展開しています。

医薬品の倫理的無償提供

アストラゼネカは、重症な患者さんが少しでも早く治療を受けられるよう、厚生労働省の定める保険外併用療養費制度のもと、製造販売承認を取得した日から薬価収載の前日まで、医薬品の倫理的無償提供を行いました。


倫理的無償提供を実施した製品(2021年10月時点)

タグリッソ(オシメルチニブ)

リムパーザ(オラパリブ)

ファセンラ(ベンラリズマブ)

イミフィンジ(デュルバルマブ)

小児患者さんやそのご家族の支援

アストラゼネカは、医薬品の提供に加えて、患者さんの治療を包括的に支援する取り組みとして、社員が小児患者さんとそのご家族が滞在する施設(ドナルド・マクドナルド・ハウス、ファミリーハウスなど)を清掃する活動を2018年より行っています。

地方自治体との協業

アストラゼネカは大阪府と「アレルギー疾患対策の推進に係る連携・協力に関する協定書」を締結しています。府および拠点病院が実施するアレルギー疾患啓発事業や情報提供に協力することで、適切な診療ネットワークの整備や府民の皆様の健康増進に貢献してまいります。