アストラゼネカ、日本におけるネットゼロ社会実現の加速に向けた、環境整備に関する提言を発表

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム)は、「アンビション・ゼロカーボン」の実現に向けて、「日本におけるネットゼロ社会実現の加速に向けた環境整備に関する提言、以下『アストラゼネカ白書』」を発表しました。(https://www.astrazeneca.co.jp/content/dam/az-jp/responsibility/sustainability/document/Japan_white_paper_Japanese.pdf )

AstraZeneca PLC (本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ)が2020年1月に発表した「アンビション・ゼロカーボン」は、2025年までにグローバル規模で自社事業からの温室効果ガス排出量ゼロを実現するとともに、2030年までにバリューチェーン全体でカーボンネガティブ(排出量より削減量が多い状態)を達成するという野心的な目標です。さらに、AstraZeneca PLCでは、2021年6月、アンビション・ゼロカーボンを具現化すべく、英国のライフサイエンス産業と製造業を対象にした白書「Delivering net zero for UK life sciences and manufacturing Achieving AstraZeneca’s Ambition Zero Carbon in the UK」を作成し、カーボンネガティブの必要性を関係機関へ働きかけました。
このような経緯から、アストラゼネカ株式会社においてもアンビション・ゼロカーボンをアストラゼネカの世界共通のサステナビリティ目標と認識し、アストラゼネカ白書を作成いたしました。とりわけ、バリューチェーン全体でのカーボンネガティブの実現においては、業界を超え国内のあらゆるステークホルダーの協力が不可欠となることから、政府および企業への積極的な働きかけが必要とされます。

<アストラゼネカ白書のアジェンダおよび提言の要旨>

アストラゼネカ白書を通じて、引き続き脱炭素に向けた取り組みを加速させ、当社の事業の中核となる「健康」をベースとしたサステナビリティの3本柱「人々の健康」「地球の健康」「社会の健康」の実現を目指します。

以上

*****

アストラゼネカについて
アストラゼネカは、サイエンス志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主にオンコロジー、希少疾患、循環器・腎・代謝疾患、呼吸器・免疫疾患からなるバイオ・医薬品において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。英国ケンブリッジを本拠地として、当社は100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細についてはhttps://www.astrazeneca.com または、ツイッター@AstraZeneca(英語のみ)をフォローしてご覧ください。

日本においては、主にオンコロジー、循環器・腎・代謝、および呼吸器・免疫を重点領域として患者さんの健康と医療の発展への更なる貢献を果たすべく活動しています。アストラゼネカ株式会社についてはhttps://www.astrazeneca.co.jp/ をご覧ください。フェイスブックAstraZeneca.Japan とインスタグラム AstraZeneca / アストラゼネカもフォローしてご覧ください。

tags

  • その他