人事異動のお知らせ

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム)は、2019年11月1日付で、下記の人事異動を行うことをお知らせします。

谷口は、アストラゼネカ株式会社に入社以来、約5年にわたり新薬開発を強力に推進し、多くの画期的な薬を日本の患者さんに届けてきました。タグリッソ、リムパーザ、イミフィンジ、ファセンラでは、部門横断的な連携を促進し、早期承認に大きく貢献しました。またビレーズトリでは承認申請プロセスの簡素化・効率化にも注力し、世界に先駆けて日本で初めて承認を取得しました。今後はオンコロジー事業部のグローバルメディカルアフェアーズ部門長として、米国ゲイサスバーグに勤務します。

以上

*****
アストラゼネカについて
アストラゼネカは、サイエンス志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主にオンコロジー、循環器・腎・代謝疾患、および呼吸器の3つの重点領域において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。当社は、100カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細についてはhttps://www.astrazeneca.comまたは、ツイッター@AstraZeneca(英語のみ)をフォローしてご覧ください。

日本においては、主にオンコロジー、循環器・代謝/消化器疾患、呼吸器疾患を重点領域として患者さんの健康と医療の発展への更なる貢献を果たすべく活動しています。当社についてはhttps://www.astrazeneca.co.jpをご覧ください。