佐藤 由紀
Yuki Sato

オンコロジー事業本部 肺がん(がん免疫治療)領域マーケティング担当

 

患者さんの人生を見据え、治療課題に向き合い続ける

患者さんの治療に対する薬の価値を最大化するため、医師が必要とする情報を考え、届ける仕事

私が担当するオンコロジー領域のマーケティングでは主に、医師に医薬品を適切に使用いただくために必要な情報を整理し、それらの情報を確実に届けるための施策を立案、実行しています。「必要な情報の整理」と言うと一見簡単な仕事に見えるかもしれません。しかし、患者さん一人ひとりの病状は異なり、治療に当たる医師が必要とする情報は千差万別です。私たちは、日々、そのような医師のニーズにどうしたらより的確に、迅速に答えられるかを考えながら業務を行っています。

昨今、オンコロジー領域では治療の細分化が進んでおり、一人の医師がある治療方法に対して十分な経験を積むまでに時間がかかる場合があります。特に新しい薬剤をより安全に使用していただくためには、既に治験で明らかになっている情報を医療現場に共有するだけにとどまらず、他の先生方の経験や考えを共有することが非常に重要となります。薬剤が使われるあらゆる状況を想定し、薬剤の適正使用のために医師が必要とする情報を提供することで、安全な治療体制の構築に貢献できることにやりがいを感じると同時に、適切な情報提供の重要性を感じています。

治療課題に向き合う、患者さん中心のマーケティング施策


アストラゼネカのマーケティングでは、患者さんへの医薬品の貢献を念頭に置いた「ペイシェントセントリックビジネスモデル」という考え方に基づいて施策を検討します。

患者さんへの貢献とは、新薬を届けることによる治療の支援にとどまりません。がん患者さんは家庭や仕事など様々な面で、一人ひとりが異なる課題を抱えています。このため、私たちは患者さんががんを疑い、病院を受診するところから、治療が終わったその先の人生を出来る限り理解し、それぞれのタイミングにおける患者さんが抱えている課題や先生方が悩まれるポイントに対して私たちができるサポートを検証し、実行しています。例えば、私が担当している医薬品は、ある治療が終了した後にその治療効果を維持するために使用されますが、どのタイミングでどの程度私たちの医薬品の話を聞くことが患者さんにとって一番良いのかという問いに対する回答は、一通りではありません。このため、過去に治療を経験された患者さんの生の声を参考に情報を整理したこともありました。また、患者さんに次回の来院時までの日々を安心して過ごしていただけるように、昨今進歩の著しいデジタル技術を活用した支援も検討しています。

がんと診断をされてから大きなストレスを抱えながら治療をされる患者さんの日々の生活が、少しでも治療のストレスから解放できる活動が出来ないかを理解し、患者さんの治療中もその後の生活にも貢献できることを最終的な目的として施策を検討しています。


治療の変化を実感できる、医薬品マーケティングという仕事のおもしろさ


新薬は臨床試験の結果を基に承認され、日常診療で使用できるようになりますが、私たちマーケティング担当にとって新薬の承認は「ゴール」ではなく新たな「スタート」です。なぜなら革新的な新薬は、これまでの治療を大きく前進させる力を持っていますが、それと同時にこれまで検討されていない新たな課題が顕在化することがあるからです。そのような課題と向き合い続け、適切な情報を届けることで、新たな治療を患者さんに届け、環境を整える過程に関わることができる、それが医薬品マーケティングという仕事のおもしろさだと思います。

オンコロジー領域に携わる者として、私はそう遠くない将来に、がんが致死的な転帰をたどる病ではなく、「慢性疾患」となる時代が来ると考えています。すでに5年生存率は改善しつつあり、がん患者さんが抱える課題は「治療」のみならず、就労や結婚、妊娠などの「生活」に直結したものも増えています。これからも患者さんの人生を見据え、自分の職務を通じてアンメットメディカルニーズを解決することで、患者さんの治療に貢献していきたいと思います。

(所属・内容等は取材実施当時のものです。)
 

患者さんの人生を変えるという当社のミッションに向かい、ともに邁進できる仲間をお待ちしています。