大山 拓郎
Takuro Ohyama

メディカル本部 オンコロジー領域 乳癌/卵巣癌領域 メディカルサイエンスリエゾン(MSL)

 

「サイエンス」の普遍性を追求し、医療の発展に貢献する


医薬品の価値の拡大や適正使用を支援する専門職

私の職種であるメディカルサイエンスリエゾン(MSL)は、科学的データに基づいて医師や研究者と深い議論を行い、製品価値の拡大や適正使用を支援する専門職です。MSLの業務は営業・マーケティング活動から独立しており、販売促進を目的に活動することはありません。特定の疾患領域についての豊富な知識と深い見識をもとに、科学的に中立な立場で、医師や研究者に対してエビデンス構築の支援や情報提供を行います。また、社外の医療専門家から種々の見識を得ることで、製品戦略のプランニングや臨床試験の支援となる情報収集を担うこともMSLの職務のひとつです。

近年、通常MRが行うプロモーション活動ではカバーしきれない高度な医学的・科学的情報を医師から求められることや、臨床研究支援に関する透明性の確保が求められることが増えてきています。そのようなケースに対応するため、MSLはもともと米国で確立された職種ですが、外資系企業を中心に日本にも導入され、現在では業界全体でその活動の重要性が認知されるようになってきました。

 

アストラゼネカが目指すMSLの中立性と質


アストラゼネカのMSLに特徴的なことは、業界に先駆けて、純粋な科学的情報提供活動を行うための体制を構築していることです。アストラゼネカが世界で最初にMSL活動を開始したのは1990年代であり、MSL活動において大変長い歴史を持っています。日本では2012年、他社に先んじてMSL制度を導入し、営業/プロモーション活動と区別するMSL活動の明確なプロセスの設置やトレーニング体制の確立により、第三者機関であるJAPhMed(日本製薬医学会)から業界第1号のMSL認証を受けることができました。

MSLは、科学的な専門知識をもとに、特定の疾患領域における見識を医師や研究者などの専門家と同等の立場で深め、治療の発展に貢献します。このため、専門家の科学的パートナーとなるための謙虚かつ積極的な姿勢、論理性、表現力もまた、MSLに求められる資質でもあります。アストラゼネカのMSLには認証制度に基づいた資格試験があり、年次更新が必要です。また、外部の医療専門家を招いてのロールプレイングやディスカッションでは、科学的中立性を十分に有したプレゼンテーション能力や専門家の立場で情報提供を行うコミュニケーション能力が試されます。こういった制度によってMSLの質を保つことができていると考えています。


部門全員が共有するサイエンスへのコミットメント


私がMSLとして大切にしていることは、常に医療の進歩を念頭において職務に当たるということです。医師や研究者が抱いている治療のアンメットニーズを理解し、患者さんに応じた適切な治療が実施される、また、次の新たな治療へと発展させるための情報を伝えていく。いわば「サイエンス」の普遍性を追求していくことにMSLの存在意義があり、また果たすべき役割があると考えています。それは、アストラゼネカのメディカル本部の全員が共有する価値観でもあります。

合わせて私がMSLの職務を全うするために心がけていることは、日々コミュニケーション能力を磨いていくということです。アストラゼネカのMSLは、MR経験者もいれば、他社でMSLを経験された方、大学や研究機関で研究職に就かれていた方、医師免許を持った方など、それぞれ異なるバックグラウンドを持っている方がいるので、部門内でもさまざまな視点に触れ、多様な見識を吸収することができます。さらに、新薬の開発者、医師、研究者、MRなど、社内外の専門家と緊密な関係を構築することで、より広範な知識を獲得できます。このため、コミュニケーションのスキルを高めることは、MSLとしての力量を上げることにほかならないと感じています。

求められるのは、医療に対する本質的な貢献

MSLは研究開発と営業/マーケティングの中間に位置するようなメディカル本部に所属し活動を行っています。つまり、医薬品の承認前にはその疾患領域におけるアンメットニーズを理解・収集し、承認後の製品戦略に活かすこと、また承認・上市後には医薬品のもつ製品プロファイルがどのように医療現場で貢献できるのかを医師とディスカッションしていくことが職務となります。MSLの仕事はそれだけで終わるわけではなく、新薬が医療現場で使用される中で、新たなエビデンス構築のサポートを担うことにより、医薬品をより安全で使いやすいものに育てていく「育薬」にも深く貢献しています。

MSLに求められるものは医療に対する本質的な貢献です。私もMSLとしてさらに研鑽を積むことによって、自社の成長だけでなく、日本の医療に、そして医療の進歩に寄与していきたいと考えています。そして、一人でも多くの患者さんに最適な医薬品をお届けすることで、その人生をしっかりとサポートしていきたいと決意しています。

患者さんの人生を変えるという当社のミッションに向かい、ともに邁進できる仲間をお待ちしています。